晴れる屋500円デッキ使ってみた ロアホールド編

晴れる屋500円デッキ使ってみた ロアホールド編

今回は前回のプリズマリデッキ編に引き続き、500円ロアホールドデッキをアリーナで試してみました。

晴れる屋(ネットショップ)製 ロアホールドデッキ

デッキ
10 山 (STX) 373
2 ロアホールドの学舎 (STX) 268
10 平地 (STX) 367
1 凱旋の神殿 (M21) 256
2 風に削られた岩山 (M21) 259
2 石縛りの使い魔 (STX) 31
2 石昇りのスピリット (STX) 32
2 著名な歴史家 (STX) 109
2 ロアホールドの初学者 (STX) 198
2 星霜の巡礼者 (STX) 22
2 石繋ぎの導師 (STX) 239
2 ロアホールドの誓約魔道士 (STX) 201
2 発煙する肖像 (STX) 103
1 光輝の巻物使い (STX) 221
2 実地歴史家、クイントリウス (STX) 220
2 蘇りし過去招き (STX) 224
2 生きた証 (STX) 204
2 焦熱の竜火 (M21) 158
2 ロアホールドの発掘 (STX) 200
2 記憶留出法 (STX) 25
2 スピリット召喚学 (STX) 236
2 学舎防衛 (STX) 12
2 マスコットの横取り (STX) 110

晴れる屋(ネットショップ) 500円デッキ ロアホールド

レアカード「光輝の巻物使い」を筆頭に計14枚のアンコモンが入っており、前回のプリズマリと比べてだいぶ豪華な印象ですね(プリズマリはアンコモン6枚)。

レアとアンコモンのほとんどはロアホールドの墓地利用シナジーで固められていて、ぱっと見で何をすればいいかわかりやすい初心者向けデッキとしてかなり良い印象です。

MTGアリーナ 対戦履歴

プレイで5戦戦ってみました。

対戦相手勝敗
黒緑サクリファイス負け
白黒緑天使負け
白単アグロ負け
白黒コントロール?勝ち
緑黒接死負け

勝率は1-4(20%)でした。

前回のプリズマリとはうってかわって、現在Teir2~3ぐらいのちゃんとしたデッキと当たる印象でした(アンコモンが多いから?)。プリズマリで戦ったレベルの相手と戦っていたら3勝ぐらいできてもおかしくなかったかもしれません。

デッキ感想

最初リストを見たときに使いやすそうと思ったのですが、実際に回してみてもやることがはっきりしていてかなり使いやすいデッキです。結果としては1勝しかできませんでしたが、無理ゲー感はあまりなくあと1歩で決められるという展開が多くありました。

とはいえロアホールドの発掘と光輝の巻物使いが揃っているときはイケイケで攻められるのですが、除去耐性が一切なく、光輝の巻物使いは1枚しか無いためキーカードが破壊されたら総崩れというのが残念なところです。

総評

おすすめ度としてはかなり良いデッキです。そのままでもロアホールドのコンセプトがしっかりしていて良いのですが、改造して楽しむ余地も全然あります。

アンコモン以上は基本的に墓地利用シナジーに寄っているので、コモンの講義や使いづらいソーサリーを抜いていつ打ってもアドが取れるインスタントを入れてみたり、もっとド派手なカードを入れて光輝の巻物使いで踏み倒したりすると良くなりそうです。あとはプリズマリに何故か入っていた「秘本破り」なんかはこのデッキに最適ですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top